【イカの駅つくモール】周辺施設⑬蓬莱島(ほうらいじま)

数日前、蓬莱島上陸作戦決行‼という知らせが入り、
なんと私も連れて行ってくれるとのこと!

イヤッホ~‼

その日から楽しみでソワソワ。
長靴まで新調しました!

※ちなみにこの長靴。
 前にTVで売れてるって紹介されてました。
 コメリのオリジナル商品、その名も『かる~い』。
ま・じ・で!軽い!履いてないみたい!
しかも2580円!安っ!

この日の天気は曇り。
寒かったのでホッカイロとヒートテック2枚と薄手のセーターと厚手のセーター。仕上げにダウンジャケットと寒さ対策も完璧です!

蓬莱島について

日本百景九十九湾にプカリと浮かぶ島。

蓬莱島。

蓬莱(ほうらい)とは、古代中国で東の海上にあり仙人が住み、不老不死とされる山。その蓬莱山を見てるようだ!ってことでこの名がついたとのこと。

常緑広葉樹であるスダジイに覆われ、斜面にはアカマツ林が生い茂ります。
絵に描いたような美しい蓬莱島は九十九湾のシンボル。

出発進行!GO!GO!

集合時間13:30で待ち合わせ場所が
『イカの駅つくモール』前だったのに、頭の中が
「船船船船ふねふねねねふね」だったので、
ふれあいセンターの遊覧船乗り場まで行っちゃっいました……。

あれ?誰もいない…。

あっ‼

間違えた!

……っつうわけで急いで
『イカの駅つくモール』まで。

ほっ
よかった。間に合った。

初ライフジャケット。

(全身鏡で自分チェックしたかった)

こういう船に乗るのも、
小学生の遠足の遊覧船以来です。
ワクワクです。

でも、皆さん慣れていらっしゃるのか

『超☆COOL!』

九十九の海

九十九湾は波が穏やかで、エメラルドグリーンの色。
今は紅葉の時期なので幻想的な色彩。

百楽荘さんです。
釣り堀でつりを楽しんでいるお客様がいらっしゃいました。

鳥さん。

すました感じがいいです。

あっ。見えてまいりました!

以前からこの蓬莱島を、
風の谷のナウシカの『王蟲(おーむ)』みたいだなあと思ってました。

実際はどんな感じでしょ?

楽しみ!

あわわわ。

近づいてきました!
いよいよです!



上陸!

船長さん運転がお上手です。フワッとした感じでベストポジションに止まりました。

おおぉ~!

なんかテンション↗↗

ロープとか使っちゃって、マジそれっぽい‼


てっぺん目指すZE!

船から降りて、すぐのところに階段が。

まずは、階段を上がって頂上を目指す!

こんなかわいい実がついてる。
これが何なのか知りませんが。

この階段。もとはコンクリートだったのに、
苔で覆われちゃって仙人専用階段っぽくなってます。

この角度。
写真で伝えきれてませんが、体感角度は60度ぐらいでした!

ひいぃ~

もちろん手すりが無いので、転んだら終わりです。

G☆A☆K☆E です。

一歩一歩地面を確認しながら進みます。

スリルとハードな坂と厚着のせいで、滝のごとく汗が流れてきます。
汗量としては、サウナ×5ぐらいです。

もののけ姫の『こだま』がいるような場所です。

この崖具合。ヤバっ。


頂上参上上々イエ~♪

あっ。なんか見えてきました。

到着。祠がありました。

そういえば、この島の海中に幻の赤い鳥居が眠っているという伝説があるらしいんですけど、マジですか?

カッコよすぎません?

祠の周りは木が鬱蒼と生えております。

地面は木の葉のじゅうたんで覆われ、歩くとふわふわしました。

あっ‼

鳥の巣発見‼

ココにもです‼

これまた器用に作ってあります。
人間が軽々しく足を踏み入れちゃいけないんじゃないかと何となく厳かな気分になります。

……おります。

うげぇ~↘↘

ひいぃ~(汗)


千畳敷

何とか無事に戻れまして、今度はぐるりと島を囲んでる千畳敷の上を何か面白いものがないか探索。

千畳敷とは、畳千枚を敷くほどの広い場所。
広い岩盤からなる台地状の地形。

歩いてみると、キレイに真っ平でした。

侵食されてこんな感じに
海水の通り道があちこちにありました。

こんなまん丸い穴もいくつか空いていました。

水のポチョンポチョンがこんなのになっちゃったのでしょか。
気の遠くなる感じです。

へんてこな形の岩も。
苔が魅力的です。

いったい、何がどうなって
こんなややこしい感じに?



わりこみ

な、
なんちゅう、
強引な‼‼

こんな、優しいわりこみじゃありません。

どっ
きっ
なっ
さあ~いぃ‼

みたいな(笑)

「よっこらしょっと。」……みたいな。

「お、落ちる、落ちるうっ!」……みたいな。

し  
……みたいな。

浦島太郎がひょっこり現れそうですね。
むかしばなしの舞台みたい。


島から見た景色

う、美しい。

空の曇った感じも雰囲気でてます。

海水は透明度抜群。
海底の生き物もはっきり見えます。


帰り

楽しかった!

ここまで連れてきて頂いて有難うございました。
いい思い出になりました!

さらば!蓬莱島よ!
おじゃましました。

足がいっぱい生えてるみたい。

やっぱ、王蟲(おーむ)じゃん!

っていうか、島全体が宮崎駿作品の
雰囲気そのものって感じでした。

イノシシはいませんでした!

船から見た『イカの駅つくモール』。
来春完成です!

遊覧船『イカす丸』。


思ったこと

蓬莱島は、本当に神秘的な感じのする
まさに

秘境って
感じでした!

植物や鳥に詳しい人なんかは、すごくいろんな発見があるかも。

岩盤の形や木々の生え方、苔もみっちり生えてて手つかずの自然でした。

ありのままの姿という感じで神聖な特別な場所って感じでした。

船に乗ってるとき、
いろんな種類の鳥とすれ違いました。
(写真撮れなかったけど)

こんな機会は滅多にないので
今回はラッキーでしたが、
もしまた行けるチャンスが巡ってきたら
是非行きたいです。





蓬莱島
〒927-0552 石川県鳳珠郡能登町