能登町小木|イカの駅つくモール開業に向けて地域住民への説明会を実施

先日イカの駅つくモール開業に向けた住民説明会を開催しました。
建設地付近の住民に限定した説明会でしたので、広報活動はせずに回覧版のみで実施をお知らせしました。 回覧板から説明会と段階を経て地域への周知活動も徐々に浸透して来ました。

説明会で伝えたかったこと

今回の説明会で伝えたかったことは以下。

1:3つの役割
2:雇用について
3:弊社の考え方

それぞれ掘り下げていきます。

3つの役割

管理運営を行う弊社の経営方針とは別に、能登町の施設として遵守すべきことがいくつかあります。
それらをとりまとめたものが弊社の目指す3つの役割です。

集客交流

現在奥能登観光の主要コースは里山海道を終点で降り、輪島市の朝市に向い千枚田、塩田村のコースです。このコースでは旅行の半日を費やし、ここから能登内浦の観光を楽しむには時間が足りません。

つくモールは単独の観光収益を実現するだけでなく、訪れたお客様を能登内浦の観光名所や宿泊所に案内する機能が必要です。

観光コンシェルジュのような役割を従業員が担い、現地ではgoogleよりも秀でた有意義な情報を提供することを目指しています。

地域連携

既に行われている行事への協力や、新たに地域一体となって取り組むイベントの企画と実施です。

住民や地域団体が実施する企画を補完し、弊社の強みを生かすことで良質なコンテンツを作り上げます。

会場の提供や施設内でのイベントなど既にいくつか提案も上がっており、この記事を読んで「つくモールでイベントをやりたい」という方はぜひご連絡下さい。

産業振興

一次産業の所得向上を図る目的として、つくモールには農産物の直売所が出来ます。この直売所は単に流通するだけではなく、分析による改善ポイントの共有を行い、より良い売り場を出荷者と共同で構築していきます。

雇用について

現在つくモールでは料理人を募集しています。開業前の業務はメニュー開発や食材の調達先選定、什器や食器類の選定など様々です。

この他の職に関しては多くの従業員の力が必要になりますが、現時点での募集は行っておりません。
求人に関する本格的な動きは施設の完成後となり、開業をイメージした動きやトレーニングを行える段階にきてからとなります。

当日参加された方々には募集職種の一覧を発表させて頂いたので、いくつかの職種には事前に希望を頂きました。後日面談を行い内定の可否を行わせて頂くことになっています。

弊社の考え方について

未だ弊社の存在や業務内容を把握していない地域住民の方は沢山います。
努力不足と言ったところですが、こればっかりは広報を地道に継続していくことしか出来ません。

ましてや考え方となると、従業員に浸透させるのも一苦労ですので、これについてはブログやSNSでの配信を地道に行っていきます。
そして何より考え方の是非を経営を通じて立証していかなければ、実感は湧かないでしょう。

ですがこの日は折角直接お話出来る機会でしたので、少しだけ弊社の考え方について話させて頂きました。

新しい計画を行うとき

企画・事業・会社、なんでも新しいことを起こす時にはこの言葉を思い返しています。

新しき計画の成就はただ不屈不撓の一心にあり

新事業などでは色々と悩む事や考える事が多く、業務範疇も何もなくあらゆる問題に対処しなければならない時期があります。

無数の問題に意識を奪われた時にはこの言葉を思い返しています。
この言葉で冷静さを取り戻し、成すべきこと1つずつこなしていくと先が見えてきます。

迷いや疑いは禁物で、やりきるんだという強い意志が肝心だと思います。

迷わずに働く、結果として地域の為になるということで書いたのと通じる事ですが、開業に向けての思いに限らず、弊社の取り組むすべての事業の礎となる考え方です。

説明会を終え

段階的な措置として行った説明会ですが、やはり直接話をするという事には大変な意味があります。開催した手応えは十分すぎるほどあり、1つの確信も得る事が出来ました。

我々の課題は兎に角人材です。地方の企業が抱える共通の問題ですが、弱点は強みにもなりますので、最適な人材を集める事が出来れば弊社は短期間で頭角を現す事が出来ると考えています。

地方人材という局地戦で圧倒的なシェアを確保しに行きます。競争はしません。

投稿者プロフィール

駅長
株)KOSSHAELのつくモール事業部長
能登町小木に出来るイカの駅つくモールの駅長をしています。
イカの駅つくモールは2020年4月開業予定です。