イカの駅つくモール、能登にこだわったイカの醤油漬け丼を新発売!

株式会社こっしゃえる(本社:石川県能登町、代表取締役:山下 久弥、以下 「当社」)が管理・運営する、石川県能登町字越坂にあるイカの駅つくモールにて、自社開発の新商品「船凍イカの醤油漬け丼」が発売されました。

「船凍イカの醤油漬け丼」開発の背景

当社はこれまで地元小木で水揚げされた船凍イカを使った商品開発を主に行ってきました。様々な商品を開発する中で、お客様から「素朴なイカ料理が食べたい」とのお声をいただいたことから、この度「船凍イカの醤油漬け丼」を開発いたしました。

「船凍イカの醤油漬け丼」は、石川県輪島市にて醤油・味噌の製造、販売を手掛ける株式会社谷川醸造の「サクラ醤油」をベースに、能登町越坂にてイカの魚醤「いしる」の製造・販売を手掛けるヤマサ商事株式会社の「いしる」を使いました。甘めの醤油を使いながらも「いしる」のコクが加わり、イカとの相性の良い仕上がりとなりました。

「船凍イカの醤油漬け丼」の特長

1.能登にあるもので能登にないものをつくる

当社が開発する商品コンセプトは「能登にあるもので能登にないものをつくる」です。能登半島を訪れる観光客の方は勿論、日頃素材に慣れ親しんだ地元の方々の両方に楽しんでもらえるように商品を開発しております。使用しているイカは能登町小木港で水揚げされたもののみ、船上で瞬間凍結した船凍イカは活イカよりも甘みが強いと言われます。

2.石川県輪島市にある谷川醸造の「サクラ醤油」

船凍イカの醤油漬け丼に使用している醤油は石川県輪島市にある谷川醸造の「サクラ醤油」です。通常の醤油よりも甘みが強いこの醤油は、能登半島で広く使われている醤油です。今回の商品開発では能登にあるものにこだわり谷川醸造の「サクラ醤油」を選びました。

3.能登町越坂にあるヤマサ商事株式会社の「いしる」

能登らしさと味の決め手の演出として能登町の名産品であるイカを使った魚醤「いしる」を使用しております。魚醤が苦手な方でも気にならない程度でありながら、味の決め手となる量を研究して配合を完成させました。

「船凍イカの醤油漬け丼」の概要

名称      : 船凍イカの醤油漬け丼

販売開始日 : 2021年5月29日

販売料金  : 756円(税込)

サイズ       : 縦18mm×横12mm×幅2mm 内容量80g

販売店       : イカの駅つくモール/のとマート

URL          : https://notomart.com/

会社概要

商号              : 株式会社こっしゃえる

代表者             : 代表取締役 山下 久弥

所在地             : 〒927-0552 石川県鳳珠郡能登町小木18-18-1

設立              : 2018年3月

事業内容            : のと九十九湾観光交流センター(イカの駅つくモール)の管理運営    : 情報配信サービス

資本金             : 800万円

URL               : https://www.kosshael.com/

本製品に関するお客様からのお問い合わせ先

イカの駅つくモール

Tel:0768-74-1399

リリースに関するお問い合わせ先

株式会社こっしゃえる のと九十九湾観光交流センター事業部

担当:寺内

Tel:0768-74-1399

E-Mail:terauchi@kosshael.com