【イカの駅つくモール】周辺施設⑰赤崎海岸

赤崎海岸について

小学校の遠足で一度来ました。
その遠足で!まさにこの地で!

「猫の死骸を踏んづける」事件がありまして…。

空気が抜ける「ぷシュー」っという足元の感覚が忘れられず、トラウマとなり…。
とんとご無沙汰でした。

ウン十年ぶりに来ました。

赤崎海岸。赤茶色の岩礁が多く特徴的な海岸。
赤茶色の溶結凝灰岩が内海特有の穏やかな波に長い年月侵食され、このような水面すれすれの岩盤地帯となりました。海の生き物も多い海岸です。

溶結凝灰岩の赤と、波の青、空の青。
自然が生みだすコントラストが面白い!

近くには観光いちご園、その名も「赤崎いちご園」があり4月下旬から6月中旬まで甘~い🍓が楽しめます!

松の木

砂利の駐車場には、おっきな松の木がありました。
松の木の枝って面白いです。
ウネウネしてたり、下に伸びた…と思わせといて
「上っっ!」みたいな。

松ぼっくりとか葉っぱとかも個性的です。

それでいて、
松の葉って調べたらお茶にして飲めるらしいです。

乾燥して飲むらしい。
一般のお茶より色は出ないらしいけど、ハーブのようにスッーっとして清々しい香りだそうです。

しかも効能が凄い!

血液浄化作用や抗酸化作用、増血作用、解毒作用などの効果あり。
古くから中国では松葉の薬効が認知され、仙人が長寿の秘薬として食していたという言い伝えがあるそうです。

高血圧の方におすすめ。
血管を強くしてくれる効果があり、最近では煙草に含まれるニコチンを体外に排出する効果があるとされ、期待されています。

いや~
勉強しちゃった。


灯台

堂々たる佇まい!

貫禄がございます。
夜は灯光を放ち、航行の安全をお守りしています。

真下からパシャリ!

梯子がついてるけど、のぼってよいもの?
まあ、のぼれたとしてものぼりませんけど。

立山連峰

立山連峰が見えました。
よく、「立山連峰が見えた次の日は雨」なんてことを聞きます。

その他、珠洲市宝立町にある見附島も見えました。
見附島って見る角度によって、全然違いますよね。

真正面から見て「スネ夫フェイス」だとしたら、
ここからだと「ジャイアンフェイス」といったところでしょうか。

太っちょります。

海の生き物

至る所にこういう

貝☆つかみどりコーナー
挑戦してね!!

状態になってるところがありました。

じっとしてると
幾つかの貝がモゴモゴ動いてて、よく観察しようと近づくとピタって動きが止まります。
奴ら、己の姿をなかなか見せないのです!

しばらく貝達と「だるまさんが転んだ」状態でした。
余裕で10分以上睨み合いしてましたがハッと我に返りまして貝達のヌードは諦めました。

イソギンチャク!

きっもっっ!
真ん中あたりのグチョグチョ何なんですかね?

おえっ!

色がまた独創的でこの色である意味は
何なんでしょう。
不思議です。

これまた変な生き物?です。
見た限り、シンメトリーじゃないので生物じゃないのかなぁ?

海綿動物と刺胞動物は例外らしいのでこの2つのうちの何かなのかなあ?

フィッシングブリッジ赤崎について

赤崎海岸のすぐ近くにあり、看板を見つけて寄ってみました。

赤崎海岸から沖合の平島を結ぶ赤レンガ敷きの釣り桟橋です。
磯釣りのメッカと言われており「気軽に釣りを楽しめる場所」として人気があります。

桟橋の先にある平島でも、潮位や波が高くなければ釣りが可能です。

立派な橋が架かっていました。
釣り人達がいるかなあと期待して来ましたが、人っ子一人いませんでした…。

橋の真ん中あたりまで来たとき、フと

「ここでプテラノドンに襲われたら
誰にも気づかれずさらわれていくんだなあ」

と急に孤独を感じました。

なぜ?

干からびたヒトデを発見!

謎だらけで、誰が何の目的でここに置いたのでしょう⁉

スポンジボブのパトリック好きの
私としては許せません。
許せないけど、触りたくないのでほっときました。

最果ての地

あまりにも海と岩だけ。

この世の始まり?それとも終わり?
最果ての地なんて行ったことないけど、きっと行ったらこんな気持ちになるんだろうなって思いました。言葉では伝えられないので、是非人がいない時来てみて下さい(笑)

景色に慣れてきて、
あ、あれ~この感じ……

火サス?

まさに、火サスのロケ地に
ぴったりの場所です!

そう感じた瞬間から
岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」が頭の中でグルグルとエンドレスで流れていました。

ほら~!!
エンディングにぴったりのショット!

思ったこと

九十九湾が花魁だとしたら、赤崎海岸は芸妓といったところでしょうか。
同じ内海でも感じが違います。

海の生き物がたくさんいたので、夏子供たちが夢中になって遊べるところだと思います。

釣りもしたことないので、暖かくなったらフィッシングブリッジ赤崎で釣りにチャレンジしてみたいです。

赤崎海岸
〒927-0603 石川県鳳珠郡能登町字布浦